Sample Hotel

Tel:0480-35-0368

お問い合わせ

お仏壇の選び方 購入時期編

仏壇は何時購入すればよいのでしょうか?一般的には49日までに用意する事になりますが、別にいつ購入しても構いません。金銭的に余裕がある時(現実的です)家を新築した時、子供が生まれた時など別に決まりがあるわけではありません。生前に自分が入る仏壇を購入する方もいらっしゃいます。仏壇は仏様をお祀りする場所ですので中に位牌がなくても良いのです。家にある寺院と考えると分かりやすいと思います。

仏壇の種類

仏壇は大きく分けて金仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇(現代仏壇、洋風仏壇)に分けられます。
金仏壇:
白木に漆を塗り金箔や金紛を張った伝統的な仏壇です。値段も高めのものが多く、漆の塗り回数、金箔の純度、職人の練度などで大きく異なります。宗派により形が違いますが、それほどこだわらなくても良いです。気に入ったものや予算、部屋に合ったものを選びましょう。

唐木仏壇:
素材に欅、紫檀、黒檀、屋久杉などいわゆる銘木と言われる木を使用し、美しい木目を活かした仏壇です。木目ですので洋風でモダンなものも多いです。後述の現代仏壇とかぶる部分もあります。

家具調仏壇、現代仏壇、洋風仏壇:
最近ではマンションにお住まいの方も多く、部屋も洋風が主流になってきました。和室がないお宅も多いことでしょう。黒塗りの大きな仏壇は場所もないしインテリアにも合わない事もあります。デザイナーの作品などしゃれたものや

材質も先に記述した銘木、あるいは普通の木にプリントを張ったものなど種類は多彩ですので、どれを選んでよいかわからなくなると思います。私見ですが、最初に見て気にいったもの、つまり最初のインスピレーションが大事だと思います。もちろんその次に予算がありますが。

仏壇のほかに必要なものは?

ご本尊の仏像、位牌、花瓶、香炉、燭台、茶湯器、仏飯器、高杯、鈴(リン)主にこれらのものが必要となります。

○ご本尊
※宗派によってご本尊は変わります。
天台宗       →釈迦如来
真言宗       →大日如来
浄土宗       →阿弥陀如来
浄土真宗    →阿弥陀如来
時宗          →阿弥陀如来
融通念仏宗→十一尊天得如来
臨済宗      →釈迦如来
曹洞宗      →釈迦如来
黄檗宗      →釈迦如来
日蓮宗      →三宝尊大曼荼羅日蓮

○位牌
お位牌には戒名、法名、俗名、没年、等を書きます。
※戒名と法名は宗派の違いによる呼び方ですが、ほぼ同じと考えてよいでしょう。
 (厳密には細かい違いがあります)
 俗名は生前のお名前、没年は亡くなった年

○花瓶
 花を飾ります。

○香炉
 お線香を焚きます。宗派により地域により形が違ったりします。
 例えば浄土真宗では線香を立てずに寝かしますので形が違ってきますが、
 それ程神経質になる事はないと思います。仏壇仏具店でご相談しましょう。

○燭台
 ローソクを立てます。

○茶湯器
 お茶を入れます。

○仏飯器
 ご飯を入れます。宗派により盛り方に違いがあることもあります。

○高杯
 果物などを入れます。

○鈴(リン)
 お祈り(おつとめ)を始める前と終わった後に軽くたたいて鳴らします。


会社住所

フォトエイド
〒345-0812
住所 埼玉県南埼玉郡宮代町姫宮70-1